project suara
創設メンバーである種子田郷さとうじゅんこ
コンテンポラリーダンスを中心とした数々の舞台芸術作品に取り組む中で、
空間芸術において音が主体性を帯びたもうひとりのパフォーマーとして存在し、
音響システムはその豊かな表現のための楽器として重要であると考え、
音響開発者・技術者と共同でジオグラフィカルなサウンドプロジェクションを実現してきた。
こうして獲得した独自の芸術観を音楽家の立場から発信するために、
ダンス・美術・映像との新しい関係性を創造する
"sound+dance+visual"
シリーズ公演として主催している。


シンフォキャンバス 4.1スーパーマルチ
シンフォ キャンバス 4.1スーパーマルチ


sdv
公演履歴
  vol.9 「蛹」
- 2007.03.21
- ZAIM 別館 2階 ホール
第8回「青い月」 vol.8 「青い月」
- 2006.07.16
- UPLINK FACTORY
  第7回 vol.7 「セクエンツィア〜さひづる庭」
- 2006.03.25
- Yokohama Museum Art
  第6回 vol.6 「抱擁する大気」
- 2005.12.16
- UPLINK FACTORY
  第5回 vol.5
- 2004.11.27-28
- BankART 1929 Bashamichi
  第4回 vol.4
- 2004.06.19
- BankART 1929 Yokohama
  第3回 vol.3
- 2003.11.29
- UPLINK FACTORY
  第2回 vol.2
- 2003.09.27
- UPLINK FACTORY
  第1回
vol.1
- 2003.07.26
- UPLINK FACTORY

art live - sound+dance+visual vol.5 ©mina
© project suara