さ と う じ ゅ ん こ * り れ き 2 0 1 0 - 1 1
project suara || junko | profile | agenda | works | journey |
活動履歴 || 1999- | 2006- | 2008- | 2010- | 2012- |
| 2014- | 2016- |
2011
12.31 Alayavijana@クリシュナの忘年会
◎開演:19:00-22:00
--
12.17 マレウレウの忘年会
◎出演:MAREWREW
◎ゲスト:木津茂理(唄・三味線・太鼓)&渡邊香澄(箏)、Yoshie(Belly Dance)、サラーム海上(DJ)、アラヤヴィジャナ [ヨシダダイキチ (sitar) さとうじゅんこ(vocal) 藤枝暁(guitar) 池田絢子(tabla)]、シタール王子(賑やかし)
◎於:青山CAY(スパイラルB1)
◎Open 17:00/ Start 18:00
◎料金:\2,000(スペシャル忘年会価格)
 
12.14 冬至のかぼちゃ
◎出演:レンミンカイネン>john*(フィドル)、久保雅子(フラ)、高橋裕(ギター)/ でいらほん>高橋裕(ギター)、中村大史(アコーディオン・ブズーキ)、さとうじゅんこ(ヴォーカル)/ フロラとファウナ>東輝美(ヴォーカル・ギター)、トシバウロン(バウロン)、高橋裕(ヴォーカル・ギター)
◎ゲスト:john john festival
◎ペチコートレーン(千駄木)03-3821-8859
◎開演:19:30-
◎料金:1stドリンク\1,000+投げ銭
 
12.9 大東文化大学アジアウィーク
ジャワガムラン演奏
◎於:大東文化大学(東松山キャンパス・キャンパスプラザ)
◎開演:12:30-13:00
◎演目:マニャルセウ、ウィルジュン、ルスンジュムングルン、ゴレ・ムギラハユ
 
11.30 徹の部屋Vol.17
うたをさがして 一里塚
◎日時:2011年11月30日(水)18:30open/19:30start
◎出演:うたをさがしてトリオ> 齋藤徹(コントラバス)、喜多直毅(ヴァイオリン)、さとうじゅんこ(歌)
◎料金:予約2,500円/当日3,000円(+要ワンオーダー)
◎於:ポレポレ坐
◎予約:ポレポレタイムス社(03-3227-1405 / event@polepoletimes.jp)
◎協力:EU-Japanフェスト日本委員会
---
「うた」は一生のうちでどうしてもやっておきたい仕事でした。
うたいたい衝動、おどりたい衝動はとても基本的なもの、これに優るものはありません。
しかし、その上に幾重にも蓋をしてしまい、複雑になってしまっている。
かといって世の中に流行っているうたたちは、私の気持ちを代弁してくれていない。
酒に酔い幾重もの蓋を外しても歌う歌が無かった、という感じです。

独房の一人が誰のためにでもなくうたう、もう一つの独房の一人もうたう。
もう一人もうたう。お互い聞こえてはいない。
しかしそれがハーモニーとなって外に漏れ聞こえる。大きなうたになる。
そんなうたしかありえないのか、と悲観的に思っていました。

しかし、さとうじゅんこさんを紹介され、彼女の持つ明るさと、
うたに救われていろいろな可能性を感じるようになりました。
うたのもつ祝祭感は他のものに替えることが出来ないことを再確認できました。
また普通、歌手の人はご自分で看板を背負うことが多いので、知らず知らずに
自分が中心になることが多いですが、彼女はそこからは自由にいることができます。

じゅんこさん専門のインドネシア歌唱と故郷の秋田民謡そしてそれを繋ぐ
もう一つの黒潮(オンバクヒタム)周辺のうた、そして長崎生月島に残る
隠れキリシタンの「おらしょ」、乾千恵さん作詞私作曲のうたを慈しみながら
うたうじゅんこさんの立ち位置は貴重です。

バイオリンの喜多直毅さんは今夏のヨーロッパ旅行でいろいろと触発されたようで、
バイオリンや音楽そのものへの根本的な問いが、より強くなっているようです。
より自由にそして自在になっている音を聴くことができます。
うたの「伴奏」でなく,うたと一緒に演奏する(一緒にうたう)
ことが本当のうたの「伴奏」になるという実践かもしれません。
また、故郷岩手の先達宮沢賢治の作品をイーハトーブ弁で朗読することも始めました。
ご自分のルーツに遡るベクトルとインプロで開放されるベクトルは
一見逆方向に見えますが、地球を一周すればまた会えます。

お二人の現在、そして私の今を捉えようと思い、今回のポレポレライブは
録音することにしました。昨年の「浸水の森」ライブ録音につづいて、
今年もポレポレで一つの足跡をしるしたいと思います。
是非、足をお運びいただき、場を共有しましょう!
お力を与えてください。  (齋藤徹)
 

11.29 うたをさがしてトリオ
◎出演:齋藤徹(cb)、喜多直毅(vn)、さとうじゅんこ(vo)
◎於:エアジン(横浜)045-641-9191 *ネット予約は割引もあります
◎開演:19:30-
◎ライブチャージ:\2500+drink(\500)U23\1500+D/高\1000/中以下無料
 
11.24 うたをさがしてトリオ
◎出演:齋藤徹(cb)、喜多直毅(vn)、さとうじゅんこ(vo)
キャンディ(稲毛)
◎開演:20:00-
◎料金:3,300円(予約3,000円)1drink付!
 
11.20 Message100 おしゃべりなアート展
齋藤徹コントラバスライブ
◎出演:うたをさがしてトリオ>> 齋藤徹(cb)、喜多直毅(vn)、さとうじゅんこ(vo)
ギャラリー悠玄(銀座) g-yougen@s7.dion.ne.jp / 03-3572-2526
◎開演:19:30-
◎料金:2500円(要予約)
 
11.11+13 北とぴあ国際音楽祭2011
歌劇「コジ・ファン・トゥッテ」
(コンサート形式/全2幕/イタリア語上演/日本語字幕付)
◎日時:2011年11月11日(金)18:00開演 17:30開場
      2011年11月13日(日)14:00開演 13:30開場
◎指揮:寺神戸 亮
◎会場:北とぴあ さくらホール
◎料金:S席 7,000円/ A席 5,000円(全席指定)
 【北区民割引】S席 6,000円/ A席 4,000円
 【学生券】※全席種半額
※未就学児の入場はお断りしております。
◎管弦楽:レ・ボレアード(オリジナル楽器使用)
◎出演:
  森 麻季(フィオルディリージ/ソプラノ)
  ロベルタ・マメリ(ドラベッラ/ソプラノ)
  高橋 薫子(デスピーナ/ソプラノ)
  櫻田 亮(フェルランド/テノール)
  大山 大輔(グリエルモ/バリトン)
  フルヴィオ・ベッティーニ(ドン・アルフォンソ/バリトン)
  合唱:北区民混声合唱団
◎衣装製作:有松陽子
◎問い合わせ:(財)北区文化振興財団事業係(TEL 03-5390-1221)
 
11.10 Alayavijana Live!!
◎日時:2011年11月10日20:00-(19:00開場)
◎料金:Adv.2500円(+1drink order)/ Door.3000円(+1drink order)
◎於:SARAVA東京(03-6427-8886/ contact@saravah.jp
◎出演:Alayavijana>>ヨシダダイキチ、中ムラサトコ、藤枝暁、池田絢子、久野まっはくん、さとうじゅんこ
◎演目:陰る陽と、三日月は、たゆたゆ、秋田船形節、ツーレロ節、トュリ、春雨、いついかに、秋田大黒舞&飛騨のめでた
*中ムラサトコさんがついに復帰!!ツインヴォーカル!
 
10.26 水辺のでいらほん
◎日時:2011年10月26日19:00-(18:30開場)
◎料金:2,000円(1drink)
◎於:そら庵(090-3414-7591/東京都江東区常盤1-1-1)
◎出演:でいらほん>> 高橋裕、中村大史、さとうじゅんこ
 
10.22 アースガーデン2011“秋”
川村亘平斎ガムランワークショップ+ミニライブ
◎日時:2011年10月22日(土)12:00-
◎於:代々木公園[けやき並木]plantsステージ
◎出演:川村亘平斎、アライゴウ、テンペイ、さとうじゅんこ
 
10.16 十六夜コンサート 其の十
小島夕季 ジャワ舞踊の夕べ〜
◎日時:10月16日(日)16:30 開演(16:00 開場)
◎於:上野公園水上音楽堂(野外・屋根あり)JR上野駅徒歩5分、地下鉄湯島駅徒歩1分
◎舞踊:小島夕季、グループ十六夜
◎演奏:ランバンサリ
◎プログラム:舞踊「ガンビヨン・パレアノム」「ラントヨ」「ゴレ・ランバンサリ」「モンドロリニ」
◎入場料:当日3,500円/ 前売3,000円/ ペア5,700円/ 70歳以上2,000円/ 小・中学生1,000円
◎お問い合わせ:十六夜コンサート事務局
  izayoisono5@hotmail.co.jp/ Tel 03-6317-8916(ベアータ)
 
10:15 区民コンサートin北とぴあ
北区民オーケストラ&北区民混声合唱団
ジョイントコンサート
◎日時:2011年10月15日(土)18:00開演(17:00開場)
◎会場:北とぴあ さくらホール
◎入場料:無料(全席自由・当日先着順にご入場)
◎出演:北区民混声合唱団、北区民オーケストラ
◎プログラム:オープニング「北区のうた」
  第1部 混声合唱ステージ
  指揮:名島啓太 ピアノ:岩井智宏
  ・ハンガリーの宗教合唱作品
  ・《ジプシーの歌》(ドヴォルジャーク作曲/向川原愼一編曲)
  ・《こまどりをころしたのだれ?》(木下牧子作曲)
 第2部オーケストラステージ
  指揮:高橋俊之
  ・交響詩《レ・プレリュード》(リスト作曲)
  ・小組曲(ドビュッシー作曲)
  ・バレエ音楽《三角帽子》より(ファリャ作曲)
 
10.13 クラヤミノTONES
-Throat of Japan(日本の喉)-」
◎開始19:30(開始10分前までに受付をしてください)終了21:30
◎場所:UPLINK FACTORY(渋谷駅徒歩7分)TEL:03-6825-5502
◎料金:全3回予約8,000円(1回あたり2,700円になり大変お得)
 単発予約3,000円、当日3,500円、学生2,500円(予約当日共に)
 *アフタードリンク付き
◎ファシリテーター:たむらひろし、渡辺タケシ
◎ゲスト講師:さとうじゅんこ・スミヤント(インドネシア・ジャワ島スラカルタのガムランにおける女性歌唱「プシンデン」の喉)
*様々なゲストを迎えてのシリーズ第2弾。今回は全3回。初回は、高音が特徴的なジャワの伝統芸能の歌い手をゲスト講師として、南国の喉を聞かせてくれます。
 
10.12 第二回 義太夫を聴く会
「壺阪観音霊験記」
◎日時:10月12日(水)19:00開場 19:30開演
◎場所:アサヒアートスクエア(浅草)
◎出演:
  竹本駒之助(浄瑠璃)<人間国宝>
  鶴澤津賀寿(三味線)
  鶴澤三寿々(ツレ)
  アラヤヴィジャナ>> ヨシダダイキチ(シタール/スルバハール<低音シタール>)、 さとうじゅんこ(唄)、川村亘平斎(クンダン)、久野隆昭(ガタム)
  神田京子(講談)
◎料金:前売4,000円/ 当日4,500円
◎予約・問合:義太夫を聴く会 gidayukiku@gmail.com / 03-3621-0406
--
300年間もの間、弛まず磨き続けられた日本最強の音楽「義太夫」を聴く。
今回は太夫の中でも最高峰、女流義太夫の第一人者、人間国宝・竹本駒之助の「壺阪観音 霊験記」を体験する。
迎えるは竹本駒之助を尊敬し、その芸に心酔するヨシダダイキチ率いる音楽家集団アラヤヴィジャナ。
講談師、神田京子との共演で国宝に挑む!
--
"音曲の司"日本最強の音楽「義太夫」
「純邦楽」と聞くと“雅”や“粋”または “わびさび”といった言葉を連想するひとも多い。初めて「義太夫」に触れたならば、そのダイナミックさと迫力に驚くだろう。
義太夫は300年以上の歴史を持つ純邦楽のひとつ。「太棹」と呼ばれる、太く重厚な響きを持つ三味線のパーカッシウ゛な演奏と「太夫(たゆう)」と呼ばれる、
語り手兼歌い手の情熱的な表現との緊張感溢れるやりとりは「純邦楽」に対する先入観を一瞬の内に吹き飛ばしてくれる。
女流義太夫の第一人者、人間国宝・竹本駒之助は太夫の中でも最高峰のひとり。
60年以上に渡る厳しい修行によって磨き上げられた彼女の芸は驚くほど強く、そして深い。
「語り物」である義太夫は、その長いストーリーのたくさんの登場人物を太夫ひとりで演じ分け、そして更に「音曲の司」と呼ばれるように情景描写、
また登場人物の奥に秘めた感情を音楽的に事細かに表わしていく。
それを竹本駒之助は時にエモーショナルに、時に繊細に語っていく。相三味線を長く勤める鶴澤津賀寿は竹本駒之助についてこう語る。
「(駒之助)師匠が語ると、どんなに荒唐無稽な物語も、なぜだか分からないけれど納得してしまう。そんな不思議な力が師匠にはあります」
遠くを探さずとも、近くにあった強力な音楽「義太夫」。まだ出逢ってなければ、ぜひ体験して欲しい。
 
10.10 Alayavijana@真浄寺(福岡)
--
 
10.9 Alayavijan@西林寺(福岡)
--
 
10.8 Alayavijana @TOYOTA ROCK FESTIVAL'11
--
 
9.24 TAIKUH JIKANG ライブ
「 幻 灯 音 楽 」
◎日時:2011年9月24日 19:00 (open 18:00)
◎於:VACANT 2F(原宿)
  東京都渋谷区神宮前3-20-13/ 03-6459-2962
◎入場料:2,500円(+1ドリンク)
◎出演:TAIKUH JIKANG >> 川村亘平斎/濱元智行/徳久WILLIAM/GO ARAI/さとうじゅんこ/AYA/山岸天平/新名真大
◎ゲスト:eetee(vj)
◎メール予約:件名を「滞空時間」として、本文に「お名前、ご予約人数、ご連絡先」を明記の上、booking@n0idea.com (0は数字のゼロです) 宛に予約メールをお送りください。  
9.18 うたをさがしてトリオ
◎出演:齋藤徹(cb)、喜多直毅(vn)、さとうじゅんこ(vo)
◎開演:19:30
◎於:アケタの店
◎入場料:2,500円
◎プログラム:アンゲロプロスの映画による曲集、モチョパッ アスモロドノ、ぐるりよざ、永訣の朝+ミモザと金羊毛、若い娘、リンゴ追分、秋田大黒舞、パラム+風がおもてで呼んでいる
 
9.11 LOVE INDIA "THALI"
◎於:すみだ中小企業センター5F全ホール
◎参加シェフ:
  増田泰観(検見川「印度料理シタール」オーナーシェフ)
  柴崎武志(稲毛「カレーレストラン シバ」オーナーシェフ)
  藤井正樹(高幡不動「インド食堂アンジュナ」オーナーシェフ)
  塚本善重(沼袋「新・印度料理 たんどーる」オーナーシェフ)
  伊藤一城(押上「スパイスカフェ」オーナーシェフ)
  渡辺 玲(クッキングスタジオ「サザンスパイス」主宰)
  田中源吾(上野・銀座・六本木「デリー」オーナーシェフ)
◎開催日時:9月11日(日) 12時〜17時30分
◎来場人数:500人限定
◎入場料: 3,500円 すべて前売り制となります。
(ターリー・1ドリンク・1インディアンスナック・公式レシピBOOKつき)
◎ステージスケジュール :
★12:30〜 インド音楽ライブ(ガタム+ムルチャン+インド大正琴)
  出演・ヨシダダイキチ/久野隆昭/竹原幸一
★13:00〜 日本〜インド・フュージョン・ライブ
  アラヤヴィジャナ>ヨシダダイキチ,さとうじゅんこ,藤枝暁,久野隆昭
★14:00〜 インド舞踊「クチプディダンス」
  出演・渡辺桂子
★14:45〜 インド舞踊「カタックダンス」
  出演・佐藤雅子
 
8.16 慶福寺灯籠流し 奉納演奏
◎於:慶福寺(JR宇都宮線蓮田駅より徒歩18分)
◎ガムラン演奏 19:30(灯籠流し 19:00)
◎演奏:ランバンサリ
◎舞踊:小島夕季
◎お問い合わせ:慶福寺 (埼玉県蓮田市蓮田45-1/ Tel 048-768-1537)
                
8.14 第3回ほくさい音楽博
◎開演:2011年8月14日(日)13:30 (開場13:00 終了15:00)
◎出演:青柳拓次+木津茂理/ アラヤヴィジャナ(ヨシダダイキチ+さとうじゅんこ+藤枝暁)/ 神田京子<講談師>
◎会場:お江戸両国亭(墨田区両国4-30-4)
  ※国道14号京葉道路沿い、本所警察署となり
◎入場無料・投げ銭制/ 収益は全額寄付(寄付先検討中)
 
8.12 Whenever Wherever Festival 2011
-生西康典ディレクションによる作品
既に光は 暗い土のなかに
◎開演:2011年8月12日(日)20:00
◎料金:1,000円
◎於:アサヒアートスクエア
◎作:上野晃代、生西康典
◎演出:生西康典
◎出演:五十嵐千乃、黒川モモ、白井剛、さとうじゅんこ
◎美術:牧かほり、南志保
◎照明:仲西祐介
◎音響:稲荷森健
◎演出助手:池田野歩
 
7.31 百観音献灯会
◎会場:百観音明治寺・野外ステージ  西武新宿線沼袋駅下車徒歩5分
◎演奏:ランバンサリ
◎飢餓に苦しむ子供の救いのためにお灯明代:500円
◎次第
  6時  :献灯会法要
  6時半 :ガムラン演奏と舞踊
  7時  :なつかしい野外映画会
  8時  :ガムラン演奏と舞踊
  他にミニ夜店などがあります。
◎お問い合わせ:百観音明治寺 中野区沼袋2-28-20
 
7.30 Alayavijana@彦根
 
7.23-24 音楽×演劇×パフォーマンス×映像+α
ami yoshida presents
「想い語る夜の色色」
◎開場・開演:17:00〜
◎前売り予約:3000円(ドリンク別300円-), 当日券:3500円(ドリンク別300円-),
  通し券:5000円(ドリンク別300円-)
◎会場:parabolica-bis[パラボリカ・ビス]1階/galleria nacht[ナハト]
  >>東京都台東区柳橋2・18・11 >>TEL: 03-5835-1180 [ map ]
◎出演:アラスカン(sina有本ゆみこ+C.C.B)刺繍ライブ、Moe and ghosts(宇都宮萌)、ヒゲの未亡人(岸野雄一+ゲイリー芦屋)、生西康典(今井和雄、上野晃代/宇都宮萌※23日のみ/さとうじゅんこ※24日のみ 他)、ホッピー神山+BANANA U・G(From EP-4)※23日のみの出演、ユタカワサキバンド改めucnvバンド竹田大純ソロ、南波一海※24日のみの出演、HELLL(ジェイソン・ファンク、嵐直之、飛田左起代、ジェフ・フッチィロ、安永哲郎)、大谷能生+吉田アミ朗読gig 映像:ucnv Text Suggestion:今野裕一 、◎DJ:23日/37A、安永哲郎、24日/坂田律子、watashidattemottokawaii
◎MC:ヌケメ
 
7.23 TAIKUHJIKANG LIVE
◎出演:TAIKUH JIKANG
◎開演:19:30(開場18:30)
◎於:UPLINK FACTORY (tel.03-6821-6821/ info@uplink.co.jp)
◎チケット:2,500円(1ドリンク付)
 
7.23 TAIKUHJIKANG instore live
◎出演:TAIKUH JIKANG
◎開演:14:00-
◎於:タワーレコード新宿店9階
 
7.4

さとうじゅんこ(歌)齋藤徹(コントラバス)コンサート
うたの喜び、うたの願い
◎開演:2011年7月4日(月)19:15(開場18:00)
◎料金:2,500円(蕎麦付き・要予約・限定先着40名)
◎於:そば「吉里吉里」(山形県天童市)
Tel 023-655-5670
◎出演:齋藤徹(コントラバス・作曲)、さとうじゅんこ(歌)
*開演前に蕎麦をお召し上がり頂くので早めにお越し下さい。
*飲み物等はオーダーできますが、つまみ・飲み物は持ち込みも自由です。
--
■乾千恵さんの詩やギリシャ映画、黒潮文化圏に想を得た齋藤徹オリジナル曲から ヨーロッパの古楽、南米の民衆歌、明治・昭和の歌謡曲、ジャワ・沖縄・山形の民謡まで。あらゆる表現とともに音楽の可能性を探求してきたテツさんがジャワ・ガムラン歌手としても活躍するさとうさんの無垢な歌心と歌唱で 時代や地域をこえて、私たちの心を躍動させる<うた>を奏でます。ベースの豊かな低音と倍音のひびき、独創的な演奏、しなやかで深い歌の世界、心の旅を、蔵座敷の蕎麦屋「吉里吉里」でゆっくりとお楽しみ下さい。(斎藤 朋)
■3月11日以後、すべてが以前と同じではあり得ません。特に放射能のことです。ごく簡単に言えば、何があっても最後には「自然」や「宇宙」の摂理に身を任せることが出来れ ばいいという、古来から無意識に持ってきた願いが否定されてしまった気がするのです。100 万年待てっていったいどういうことでしょう?「しょうがないな〜」では済まされなくなってしまった。無力感の中で、「うた」への願いが増してきます。「うた」は何かを呼ぶ仕草であるという考え方に賛同します。うたは「祝祭」と「祈り」に支えられて現れます。 身体と心、生き死にを内包しています。目標や確信をもつことが難しくなってしまった今、「うた」が遠い記憶や連帯の可能性、さらには「生きること」の肯定を教えてくれるのではないかと思っています。(齋藤 徹)
 

7.3 東日本大震災義援コンサート
◎開演:2011年7月3日(月)17:45-19:30
◎料金:無料
◎於:皆龍寺本堂(山形市大字門伝100)tel:023-643-3037
◎出演:齋藤徹(コントラバス・作曲)、さとうじゅんこ(歌)
 
6.30 東京藝術大学ジャワガムランクラブお茶会
◎開演:2011年6月30日(木)18:30
◎料金:無料
◎於:東京藝術大学上野キャンパス音楽学部2-2-1ガムラン部屋
◎出演:芸大ジャワガムランクラブTitik suara、国立音楽大学バリガムランクラブ
* 学生さんによる交流ミニコンサート。
6.28 大東文化大学アジアミックス
 
6.26

北区民混声合唱団第21回定期演奏会
◎開演:2011年6月26日(日)14:30
◎料金:全席自由1,000円/ M料金900円
   *前売発売中 チケットぴあ Pコード 133-682
◎於:北とぴあさくらホール
◎出演:指揮 名島啓太/ ピアノ 岩井智宏/ 合唱 北区民混声合唱団
◎プログラム:アヴェ・ヴェルム・コルプス(オルバーン)/混声合唱組曲「マリアの歌」(高田三郎)// 世界の民謡:「福島の子守歌(日本)」「アヴィニョン橋(フランス)」「仕事の歌(ロシア)」「アリラン(朝鮮半島)」「ロンドンデリーの歌(アイルランド)」//「In Remembrance」(デイリー)/「千の風になって」(市原俊明/編曲)//混声合唱組曲「水のいのち」(高田三郎)
◎問合せ:(財)北区文化振興財団 03-5390-1222
 

6.16 taikuhjikang レコ発Live

◎出演:TAIKUH JIKANG、OLAIBI(ゲスト出演)、小谷野哲郎(ゲスト出演)
◎開演:19:00(開場18:00) 2ステージ 入替無し
◎於:アムリタ食堂(吉祥寺)
◎チケット:前売り2,800円 / 当日3,000円
  (チケットの一部を東日本大震災の義援金として寄付させていただきます)
◎ご予約:電話 0422-23-1112 /メール cafeamrita-moon@live.jp
  (公演日、お名前、ご希望枚数、お電話番号を明記の上送信お願いします)
◎TAIKUHJIKANG 1ST ALBUM「滞空時間」/川村亘平斎漫画/タイパンツ他の販売有り
TAIKUH JIKANG: UA, 朝崎郁恵やYOSHIMIO(BOREDOMS,OOIOO),OLAIBI、Alaya Vijana他、様々アーティストとの共演や、FujiROCK-festival、奄美日食音楽祭への参加、また影絵のデザイナーとしても注目されているガムラン奏者・川村亘平のソロユニット。インドネシアの青銅打楽器群「ガムラン」を中心に西はアフリカ東は日本、広がる海のシルクロード、移ろい繋がる音の旅。影絵と音楽の融合も始まった究極のハイブリット`土着`サウンド!AYO!!!!SELAMAT JALAN!!!!!
TAIKUHJIKANG are 濱元智行/新井ごう/徳久ウィリアム/さとうじゅんこ/AYA(fromOOIOO)/山岸天平/辻圭介/ニーナ/ナミヘイand 川村亘平
 
6.12 ランバンサリ自主公演
「青銅音曲12〜ガドガド・ガムラン2011」
◎日時:2011年6月12日(日)15:00開演(14:30開場)
◎会場:日暮里サニーホール (JR日暮里駅南口徒歩4分・ホテルラングウッド4F)
◎入場料:当日 3,500円/前売 3,000円/会員 2,500円/小学生 1,000円 (全席自由)
◎演奏:ガムラングループ・ランバンサリ
◎舞踊:飯島かほる、マライア・イレト、針生すぐり
◎プログラム:古典曲「ウィルジュン」、古典曲「アスモロドノ」(解説付き)、遊び歌メドレー「ソピル・ベチャ」他、舞踊「レトノ・ティナンディン」(飯島かほる、マライア・イレト)、バニュマス地方の曲「レンゴン・マニス」(竹のアンサンブル「チャルン」)、古典曲「リプル・エラン・エラン」〜「ゲゴ」、舞踊「ボンダン」(針生すぐり)
◎お申込み・お問合せ:ランバンサリ事務局 office@lambangsari.com
 
6.10 6月の三すくみ
◎日時:2011年6月10日(金)19:30開演(19:00開場)
◎料金:2,000円(自家製パン付)
◎於:コズミックソウル(北千住徒歩約10分)
◎出演:■ヨミンチャラ:正木恵子(鍵盤ハーモニカ他)、渡邉達弘(鍵盤ハーモニカ他)、高橋裕(g) ■でいらほん:さとうじゅんこ(vo)、中村大史(アコーディオン,ブズーキ)、高橋裕(g) ■flora and fauna(花とどうぶつ):東輝美(g,vo)、トシバウロン(バウロン)、高橋裕(g)
 
6.7

手食 -TESYOKU- vol.2
◎日時:2011年6月7日19:00-
◎於:ワルンビンタン(渋谷区神山町7-8 Kビル1F)
◎会費:お1人様2,000円(内700円は震災義援金)
◎持ち物:フィンガーボールは用意しますがオシボリはございません。気になる方はウェットティッシュ等をお持ち下さい。
◎流し:川村コウヘイ、アライゴウ、さとうじゅんこ
◎ご予約:ワルンビンタン 03-5454-1118
* 様々なメニューのビッフェのお食事となります。今回はドリンクは付きません。ドリンクメニューを用意しますので現金会計でご注文下さいませ。
 

6.4  徹の部屋Vol.14
『うたをさがして その2』

◎日時:2011年6月4日(土)19:30/ 開場19:00
◎於:東中野ポレポレ坐
◎出演:「うたをさがして」トリオ//齋藤徹(コントラバス)喜多直毅(ヴァイオリン)さとうじゅんこ(歌)  
◎ゲスト:ジャン・サスポータス(ダンス)
◎料金:予約3,000円/当日3,500円(1ドリンク付) *お食事のメニューはありません
◎予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Email : event@polepoletimes.jp
◎協力:EU-Japanフェスト日本委員
--

「処女作は、その後の作品の目次になっている」という言い方がありますが、
今年2月ポレポレ坐「うたをさがして」もそれになぞらえることができるかも
しれません。古今東西名曲とアンゲロプロスの台詞から作ったオリジナル曲を
平行して並べることは、賭でした。「うたをさがす」願い、伝統に対する尊敬、
そして今を生きることへの問いかけが支えてくれたのだと思います。

3月11日以後は、すべてが以前と同じではあり得ません。
ますます「うた」への願いが増し、その憧れは焦げ付くほどです。
歌は、その「祝祭性」と「祈り」に支えられてこそ現れます。
常に、生身の身体とココロ、生き死にを内包するものです。

ここポレポレ坐を基点にしてうたをさがし続けていこうと思います。

前回の徹の部屋vol.13「ベースの森の中で」では、ドイツからのSkype参加だった
ジャン・サスポータスさんが今回は「生身」で登場します。
歌と踊り、それは誰が何といっても基本です。
あらゆる楽器は歌をめざします。
歌はなにかを「呼ぶ」仕草、踊りは何かを「探し」仕草。呼ぶ声の先に、
探す指先と眼差しが交差することを願っています。
 

5.23

東北応援ガムランライブ
イノリノマツリ-ガンバレニッポン-
アサヒ・アートスクエア協力事業)
◎日時:5月23日(月)19:00(開場18:30)
◎於:アサヒアートスクエア
◎入場料:前売3,500円/当日3.500円
◎出演:ウロツテノヤ子(ガムラン)、カデ・デウィ(バリ舞踊)、ヨシダダイキチ(シタール)、ラティール・シー(アフリカン・パーカッション)、蜜月稀葵(ベリーダンス)、Taikuh Jikang(アーバンガムラン)、他
--
東日本大震災に被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
被災された皆様やこの震災で意気消沈しているニッポンを元気づけ、再び希望をもって歩き出せるよう、ウロツテノヤ子のガムランを中心に、今まで競演してきた素晴らしいミュージシャンやダンサー達が集まり、応援ライブを行います。このライブの売り上げの一部を被災地で活動しているNPO法人ピースウィンズ・ ジャパンへの寄付とさせていただき、ライブの模様を配信するなどして、被災地とニッポンを応援していきたいと考えています。ガンバレニッポン!
--
◎ご予約・お問合せ:jukung@me.com / Tel.080-4195-1811(担当:コヤノ)
◎主催:ジュクン・ミュージック、 ウロツテノヤ子
◎協賛: ガルーダインドネシア航空 / 協力: H.I.S.バリ支店
 

5.13 TAIKUHJIKANG LIVE
◎出演:TAIKUH JIKANG
◎開演:19:30(開場19:00)
◎於:UPLINK FACTORY
◎チケット:2,500円(1ドリンク付)
 
5.9 でいらほん 復活
◎開演:19:30(開場18:30)
◎於:マンダラ2(吉祥寺 0422-42-1579)
◎入場:2,000円+ドリンク
◎出演:でいらほん/高橋裕(g)・中村大史(アコーディオン、ブズーキ)・さとうじゅんこ(vo)、ヤブコギ飯浜ゆきこ(vo.g)
* ヨミガエリました。

 
5.7 5月の三者面談
-春のマリンバ大行進-
◎日時:2011年5月7日(土)19:00(開場18:30)
◎料金:1500円+ドリンク
◎於:Cafe FLYING TEAPOT(江古田)
◎出演:■ヨミンチャラ:正木恵子(マリンバほか)、ボブ=渡邉達弘(マリンバほか)、高橋裕(g)■でいらほん:さとうじゅんこ(vo)、高橋裕(g)、赤羽美希(鍵盤ハーモニカ,アイリッシュハープ)■flora and fauna(花とどうぶつ):東輝美(g,vo)、トシバウロン(バウロン)、高橋裕(g)
* 中村くん不在ながら赤羽さんとご一緒するでいらほん。
 
5.4

ネシアナイト 
〜 produced by 川村 亘平斉

◎出演:TAIKUH JIKANGウロツテノヤ子(ガムラン)、町田良夫(スティールパン)、
     さとうじゅんこ&クラマテングス
◎BGM select:皆川厚一
◎フード:東小金井が誇る名店「インド富士」!!
◎於:7th floor (渋谷)
◎開演:19:00 (開場18:00)
◎料金:前売\2,500/当日\3,000(共にドリンク代別)
  ※子連れキャッシュバックあり(中学生未満の子供一人につき\500割引)
--
TAIKUH JIKANG:UA,朝崎郁恵、YOSHIMIO(BOREDOMS,OOIOO),OLAIBI、Alaya Vijana他、様々アーティストとの共演や、FujiROCK-festival、奄美日食音楽祭への参加、また影絵のデザイナーとしても注目されているガムラン奏者・川村亘平斎のソロユニット。インドネシアに古から伝わる青銅打楽器群「ガムラン」を中心に西はアフリカ東は日本、広がる海のシルクロード、移ろい繋がる音の旅。ハイブリット`土着`サウンドの真骨頂っ!AYO!!!!SELAMAT JALAN!!!!!
ウロツテノヤ子:バリ舞踏家 小谷野 哲郎の呼びかけにより、亜細亜大学ガムラン研究会出身のメンバーを中心に結成された、日本が誇るプロのバリガムラングループ。 伝統的なバリの音楽や舞踏はもとより、日本人としての感性でガムラン音楽の新境地を開き、民族音楽というジャンルを超えた新しい音楽をつくり出している。 また、音楽のみならず日本の様々なジャンルとのコラボレーションは評価が高い。さらに近年では影絵の制作も手がけ、バリの芸能を基に総合的な舞台を組み立てている。 音楽では朝崎郁恵、ヨシダダイキチ、UA、新井田耕造、GOMA、藤乃家舞、山川冬樹など、日本のトップミュージシャン達とのライブやレコーディングにも注目が集まっている。
町田良夫:音楽家、スティールパン奏者/美術家、ASCAP会員。多摩美術大学在学中、秋山邦晴、東野芳明、萩原朔美、菅木志雄に師事、ミニマルアート/音楽/映像を総合的に学びました。 これまで、日本、ヨーロッパ各国のメディア・アート/音楽祭 (ISEA2004、Sonar Tokyo、Europhonic ジャズ音楽祭、Maerz Musikフェスティバル等) に出演、David Toop著書「Haunted Weather」で紹介され、自身のソロアルバムの他に、大友良英、Sachiko M、Merzbow、恩田晃、Haco、中村としまる、minamo、Yannis Kyriakides、Alejandra & Aeron等と共に数枚のコンピレーション・アルバムで紹介されてきました。2005年、楽曲「アフターイメージ」(CD: Hypernatural #2)は、フランスのTVCM曲になりました。2009年には、ヴァン・クリーフ&アーペル初の大回顧展の音響デザイン/音楽を担当しました。 90年代、中国、東南アジア、アフリカ各国で国際協力の仕事に従事、様々な現地の民族音楽と出会い、この体験からアジアの太陽信仰文化に触発され、民俗学的な視点から光の象徴である銅鑼(ゴング)をフィーチャーした音響コラージュ・フィールド・レコーディング作品「ハイパーナチュラル・シリーズ」を発表。また、"よりライブで記録された音楽"という観点から、ブライアン・イーノが採用した初期のGenerative Music(ジェネレイティブ・ミュージック)ソフトウェア「KOAN」を使用したデータによる作品も発表。更に、ライブ・パフォーマンスへの興味からゴングをさらに発展させたメタルパーカッションとも言えるスティールパンやエレクトロニック・スティールパン「PanKAT」による即興演奏で独自の音楽を追究、実験音楽、現代音楽、民族音楽などのジャンルをまたがるアルバムをリリース。バンドとして、Walk With The Penguin (セルビアのバンド、チンチとのコラボバンド)や、miimo (レピッシュ、Ganga Zumbaのtatsu (bass)、plot.こと佐治宣英 (drum)と町田良夫の3人から成るポストDUB・バンド )、オハナミ (ドラマー、山本達久とのユニット)を結成。朝崎郁恵(奄美民謡)、ヨシダダイキチ、山本精一らとも共演しています。 音楽レーベル/現代美術・音楽イベントを企画する、AMORFON (アモルフォン)を自ら主宰、あまり紹介されていない東欧を含む国内外のユニークな音楽をリリース、これまで交流が無かった日本とマケドニアの現代美術作家による初の交流展を企画、展覧会/コンサート/ワークショップ等を日本、マケドニアの両国で行いました。アモルフォンのリリースの中で、町田が音楽の問題提起として企画したCD「キンダームジーク:赤ちゃんの即興音楽」は、5カ国/10人の赤ちゃんの即興演奏のみを集めたCDで、世界初の試みです。美術家としては印画紙を使った独自の絵画、"PHOTOBATIK" (フォトバティック) を制作、国内外で展覧会を開いています。また、音楽誌への寄稿、レクチャー、自身の活動を応用したユニークな子供向けのワークショップ等、活動は多岐に渡ります
さとうじゅんこ&クラマテングス:ついに出た!世界最古のPOPSと言われるインドネシアの歌「クロンチョン」のカバーバンド!DO I-POPっ!>>member:さとうじゅんこ(歌)、クラマテングス(オロロトリヒロ(ギター/歌)、AYA(ベース from ooioo)、川村亘平斎(打楽器/歌))、guest:町田良夫(スティールパン)
 

5.3 北区民混声合唱団
東北関東大震災復興支援
チャリティーコンサート

◎開演:17:00
◎於:北とぴあ・カナリアホール
(14階・東京メトロ南北線+JR王子駅徒歩2分)
◎入場:無料
* 募金箱にて義捐金の募集を行い、日本赤十字社を通じ「東北関東大震災義捐金」として寄付いたします。
◎出演:北区民混声合唱団(合唱)、
名島啓太(指揮)、岩井智宏(ピアノ)
◎プログラム:混声合唱のためのカンタータ「土の歌」
 
4.14 東京藝術大学ジャワガムランクラブお茶会
◎於:東京藝術大学上野キャンパス・2-2-1教室・ガムラン部屋
◎開演:18:30-
◎料金:無料
◎プログラム:バルンガン、ウィルジュン、シンゴヌバ、ググルグヌン、アユンアユン
* 学生さん主催の交流演奏会です。
 
4.11 4月の三役そろい踏み

◎日時:2011年4月11日(月)19時開場20時開演
◎料金:席料500円+ドリンク+投げ銭
◎於:ライラ LIALER(二子玉川駅西口徒歩2分)
◎出演:
■でいらほん:さとうじゅんこ(vo)、中村大史(アコーディオン,ブズーキ)、高橋裕(g)/
■ヨミンチャラ:
正木恵子(鍵盤ハーモニカ,打楽器,voほか)、渡邉達弘(鍵盤ハーモニカ,打楽器,voほか)、高橋裕(g)/
■flora and fauna(花とどうぶつ):東輝美(g,vo)、トシバウロン(バウロン)、高橋裕(g)
◎でいらほん演目:菜の花、マライカ〜ブンガワンソロ、タリバリ〜巡礼、さとうソロ、おこさ節、ホーカイ節、ハワイアンメドレー(ヒイラウェ〜プアリリア〜プアトゥバローゼ)、定点観測、中村くんのサンバ、お富さん  
4.5 うたさがし Live
◎出演:齋藤徹(コントラバス)、喜多直毅(ヴァイオリン)、さとうじゅんこ(歌)
◎於:横浜エアジン
◎開演:19:30-
◎チャージ:2500円+drink、学割(U23)1500円+D、高以下無料
◎プログラム:ジャワの曲「夢」「ベチャおじさん」「ブンガワン・ソロ」、オンバクヒタムより、ストーンアウトより「トンビ」、最上川舟歌、アンゲロプロスの映画による組曲、ほか
 
4.2 国士舘大学21世紀アジア学部新入生歓迎特別演奏会
◎出演:齋藤徹(Cb)+喜多直毅(Vln)+さとうじゅんこ(vo)
◎於:国士舘大学町田キャンパス30号館101室
◎スタート:16:00-
◎新入生のための特別演奏会です
 
3.21 小島夕季のジャワ舞踊
「ジャワの踊りは”風にそよぐ稲” 踊り手はゆっくりと身体を揺らし大気を揺らし 場を清め 空に祈る 恵みの雨を 豊かな営みをそして いつまでもつづく平安を・・・」
◎出演:小島夕季(ジャワ舞踊)、ガムラン・トッケー(小編成ガムラン)
◎於:カフェ・ムリウィ
◎料金:音楽チャージはありません(投げ銭制)。おいしいお食事をどうぞ。
◎開演:18:00頃から2ステージ(開場17:00) 17:30より1ステージに変更
◎演目:ウィルジュン、ランドゥクンティル〜アユンアユン、イエンインタワン、ラントヨ(ミジル・ウィガリンティヤス)
 
3.14 でいらほん 出現!
残念ながら、中止となりました。
「しねほれ でいらほん・・・、いきろおれ でいらほん・・・」
昨年初夏よりのんびりリハーサルを重ねてきたトリオがついにデビュー!
マイナスイオンたっぷりのサウンドで生と死をさらりと奏でます。
◎出演:高橋裕(g)、中村大史(アコーディオン、ブズーキ)、さとうじゅんこ(vo)
◎於:マンダラ2(吉祥寺)
◎料金:2000円+ドリンク
◎開演:19:00(開場 18:30)  
◎共演:秋山葉(vo,g)、るーずぱんてぃ他
 
2.24 徹の部屋vol.12『うたをさがして』
さとうじゅんこ(歌)×喜多直毅(ヴァイオリン)
×齋藤徹(コントラバス)

◎日時:2011年2月24日(木)18:30open/ 19:30start
◎於:東中野ポレポレ坐
◎料金:予約2,500円 / 当日3,000円(+要ワンオーダー)
◎予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)
     event@polepoletimes.jp

--
長い間、いや、きっと初めから「うたをさがして」いたのかもしれません。私が、日常聴いている音楽の大多数はうたです。スペイン・ポルトガル語の歌が一番多く、古楽の歌も、 アジア・アフリカ・地中海の歌、世界の民謡さまざまです。自分で歌えないから楽器をやっているんだな、とつくづく感じます。歌にとって、「歌詞」はとても大きなファクターです。「これしかない」言葉に「これしかない」音が乗ることは理想ですね。一方、言葉の「意味」が「すばらしさ」の最大の要因にもなり、面倒くささの最大の要因にもなり得ます。しかし何と言っても、だれもが日常使っている「言葉」で、だれもが生きている限りくりかえす「呼吸」を音にすることに優るものが、あろうはずありません。あらかじめ歌を失った状態で始まった私の音楽生活が、健康な状態に戻るためには「歌」しかないことは分かっていました。 2年間すばらしいゲストにめぐまれたシリーズができた今、ポレポレ坐をホームグランドだと思うようになりました。そして、今、ここポレポレ坐で、歌のシリーズをやるチャンスがやってきたのです。「長らくお待たせしました」と私自身に言わねばなりません。 さとうじゅんこ・喜多直毅という得難いを仲間を得、いざスタートです。世界のすばらしい歌をみんな一緒に味わうとともに、「人はなぜ歌を歌うのか」 「即興と歌との幸せな関係はあるのか」「歌になるとはどういうことか」「今、みんなで歌える歌ってありえるのか」「愛される歌って何?」という問いへの答えを探したいと思います。そのために、今・ここ・私たちでしかありえない歌を創り、「今」も「ここ」も「私たち」も消えていく歌にしていくよう、シリーズを重ねていきたいと思います。ちょっとかっこよすぎ?    --齋藤徹
 
2.10 tj Live @アムリタ食堂
◎於:アムリタ食堂(0422-23-1112)「吉祥寺」駅歩5分
◎スタート:1st-19:30/ 2nd-20:30
◎料金:ミュージックチャージはありません。美味しいごはんをどうぞ。
◎出演:taikuhjikang--川村亘平/濱元智行/GO ARAI/徳久ウィリアム/さとうじゅんこ/AYA(FROM OOIOO)/山岸天平/辻ケースケ/ニーナ/ナミヘ〜(ガムラン)
 
2010
12.09 東京藝術大学ジャワガムランクラブお茶会
ガムラン演奏
◎開演:18:30-
◎於:東京藝術大学音楽学部ガムラン部屋
 
12.09 大東文化大学アジアンウィーク
ガムラン演奏
 
12.07 東京芸術大学楽理科学内演奏会
ガムラン演奏に賛助出演
◎開演:13:00-
◎於:東京藝術大学音楽学部第6ホール
 
11.20 Message 100 in Yougen おしゃべりなカード展
斎藤徹コントラバスライブ
◎出演:斎藤徹、さとうじゅんこ
◎開演:19:30-
◎於:ギャラリー悠玄(丸の内線銀座駅徒歩2分、JR有楽町駅徒歩5分)
◎入場料:2,500円(シェリー付)
11.13 北とぴあ国際音楽祭2010: 生誕300年ペルゴレージ・フェスタ
北区民混声合唱団ロビーコンサート
- オルガンと共に味わうイタリアバロックの合唱作品
◎出演:北区民混声合唱団
◎指揮:名島啓太
◎パイプオルガン:奥山初枝
◎開演:14:30-
◎於:北とぴあ1階エントランス区民プラザ
◎入場料:無料(予約不要)
◎演目:ロッティ  十字架に磔られ Crucifixus
      ペルゴレージ/サリエリ編曲  スターバト・マーテルより抜粋
      ヴィヴァルディ  グローリアより抜粋
* ロッティとヴィヴァルディはテノールで出演します。また一部ソロを担当予定。
 
10.24 尚美祭 ガムランコンサート
◎於:尚美川越キャンパスN210大教室
◎開演:11:30-12:10
◎出演:尚美ガムランサークル
◎プログラム:サプジャガ、ウィルジュン、スウォロスレン、舞踊:ガンビョンパンコル、クボギロ
 
10.17 十六夜コンサート 其の九
小島夕季 ジャワ舞踊の夕べ〜 出演
◎於:上野公園水上音楽堂(野外・屋根あり)JR上野駅徒歩5分
◎開演:16:30(開場16:00)
◎舞踊:小島夕季、グループ十六夜
◎演奏:ランバンサリ
◎チケット:前売り 3,000円/ ペア 5,500円(前売りのみ)/
   当日 3,500円/ 70歳以上1,000円/小・中学生1,000円/ 6歳未満無料
◎問合せ・予約:十六夜コンサート事務局 izayoisono5@hotmail.co.jp
  Tel 03-6317-8916(ベアータ)
 
10.16 区民コンサート 出演
◎出演:北区民混声合唱団、北区民オーケストラ
◎於:北とぴあさくらホール
◎開演:18:00-
◎入場料:無料
◎プログラム:フォスター歌曲メドレー、中村八大コレクションより「夢で逢いましょう」「明日があるさ」「遠くへ行きたい」「上を向いて歩こう」、トスティ歌曲「四月」「セレナータ」「さようなら」
* テノールで出演します!
 
9.05 魅惑の音楽紀行 -アジアへの旅-
インドネシア音楽と影絵芝居 出演
◎於: 川崎市国際交流センター
◎開演:9月5日(日)14:00-15:30
◎出演:スミリール
◎入場料:当日券 2,000円/ 前売り券 1,500円/ 3回シリーズ券 4,000円
  * 就学前のお子様は入場できません
■11名による盛大なガムラン演奏と華麗なるジャワ舞踊、さらに2部では影絵芝居と盛りだくさんの公演です!
 
8.29 種子田郷+さとうじゅんこ 出演
『BLANK MUSEUM』

“LOOKING FOR THE SHEEP day2”
◎日時:2010年8月29日(日)14:30開場/15:30開演 雨天決行
◎場所:原美術館
◎料金:前売5,500円 / 当日6,000円
◎共同主催:アップリンク原美術館
◎構成・演出:浅井隆
◎音響・PA:エディスグローヴ
◎照明:仲西祐介
◎照明機材:ARC・SYSTEM
◎お問い合わせ:アップリンク(info@uplink.co.jp
8.21 taikuhjikang×olaibi@横浜ズーラシア
◎於:横浜ズーラシア(出口近く野外ステージ)
◎演奏時間:19:00〜20:00
◎出演 taikuhjikang , olaibi , rianto
◎入場料:ズーラシアの入園料が必要です
   大人(18歳以上)600円/ 中人(高校生)300円/
   小人(小・中学生)200円/小学生未満 無料
* 昼間に引き続き20:30まで開園しています、入園は19:00まで
 
8.16 慶福寺灯籠流し 奉納演奏に参加
◎場所:慶福寺(JR宇都宮線蓮田駅より徒歩18分)
◎ガムラン演奏:ランバンサリ
◎舞踊:小島夕季
◎入場料:ありません。
◎奉納演奏:19:30-(灯籠流し 19:00)
◎お問い合わせ:慶福寺 Tel 048-768-1537
 
8.11 tjTACT/FESTIVAL TOKYO
◎開演:8月11日(水)13:30/16:00・8月14日(土)13:30/15:30
各30分のミニコンサートです。
さとうは11日に出演します。
14日はインドヴァイオリンのアライゴウくんver.となります。
◎場所:東京芸術劇場アトリウム
◎出演:TAIKUHJIKANG(滞空時間/タイクウジカン)
◎入場料:ありません。
>> TACT/FESTIVAL オフィシャルウェブサイト
 
07.25 百観音献灯会 出演
◎会場:百観音明治寺・野外ステージ  西武新宿線沼袋駅下車徒歩5分
◎演奏:ランバンサリ
◎舞踊:デワンダル
◎お灯明代:500円
◎次第
  6時  :献灯会法要
  6時半 :ガムラン演奏と舞踊
  7時  :なつかしい野外映画会
  8時  :ガムラン演奏と舞踊
  他にミニ夜店などがあります。
◎お問い合わせ:百観音明治寺 中野区沼袋2-28-20
 
07.24 東京都合唱祭 参加
◎於:五反田ゆうぽうと
◎時間:11:30-13:30 (Oブロック)
◎出演:北区民混声合唱団
◎プログラム:夢であいましょう、ハナミズキ
◎入場料:無料
 
07.22 tj live
◎於:アムリタ食堂
◎チャージ:フリーライブとなっております。
◎タイムテーブル:1st 19:30/ 2nd 20:30
◎お席のご予約も承っております:アムリタ食堂 0422-23-1112
◎出演:taikuhjikang/ 川村亘平(gamelan), 濱元智行(gamelan), 新井ごう(violin), 徳久ウィリアム(voice), さとうじゅんこ(voice), AYA(fromOOIOO/ bass), 山岸天平(gamelan)
◎ゲスト:OLAIBI(PER,ELEPAD 他 fromOOIOO)
 
07.11 インドネシアフェスティバル 出演
◎於:代々木
◎開演:15:50-
◎出演:ランバンサリ、デワンダル
 
06.27 北区民混声合唱団 定期演奏会 出演
◎開演: 14:30 (開場 14:00)
◎会場:北とぴあ さくらホール
◎入場料:全席自由 1,000円
◎指揮:名島啓太
◎伴奏:岩井智宏
◎プログラム:「ミサ曲」ディエストロ作曲、「世界に一つだけの花」、信長貴富編曲、「からだ」信長貴富作曲、「さとうきび畑」寺島尚彦作曲、「アヴェ・ヴェルム・コルプス」バード作曲、「アヴェ・ヴェルム・コルプス」サン=サーンス作曲、「アヴェ・ヴェルム・コルプス」アリエル・キンタナ作曲、カンタータ「土の歌」(2009年)佐藤真作曲
 
06.13 ガドガドガムラン2010青銅音曲XII ガドガドガムラン2010 出演
◎開演:15:00(14:30開場)
◎於:日暮里サニーホール
◎入場料: 当日 3,500円/ 前売3,000円/
          会員 2,500円/ 小学生1,000円(全席自由)
◎演奏:ガムラングループ・ランバンサリ
◎舞踊:飯島かほる、針生すぐり
◎演目:スマラン地方の器楽曲「ビモ・クルド」、舞踊「ガンビル・アノム」(飯島かほる)、古典曲「サンブル・チリ」、バニュマス地方の竹のアンサンブル「グヌン・サリ・カリパゴラン」、古典曲「ロロ・ロロ・ゲンドン〜ロロ・ロロ・トペン」、舞踊「マニプレン」(針生すぐり)
◎主催:ガムラングループ・ランバンサリ
 
06.03 大東文化大学 アジアミックス ジャワガムランと舞踊 出演
 
04.30 シュトカプーのぬらり見切り発車の旅
-アイルランドとインドネシア編- tj Live
◎於: 吉祥寺MANNDARA2
◎出演: O'Jizo、シュトカプー、taikuhjikang
◎開演:19:30 (開場 19:00)
◎料金:2500yen+drink
 
04,24 ウロツテノヤ子バヤンガンズ影絵公演 出演
ワヤンリストリックがやってきた!
阿波の狸合戦「大鷹の死」
◎時間:15:00
◎於:NHK徳島多目的スタジオ
 
04.17 アジア交流音楽祭交流ステージ taikuhjikang duo Live
◎時間:4月17日(土)15:45-16:15
◎於:川崎地下街アゼリア スタジオアゼリア
◎出演:川村亘平、さとうじゅんこ、大野利洋
 
02.11 RISE ABOVE  tj live

◎日時: 2010年2月11日(祝/木)14-22時
◎会場: 芝浦cube326
◎料金: day 4000yen, w/f 3500yen ※別途ドリンク代
◎出演: マスタリカ、LAGO、はたらきバンド、DF7B、蘭嘆、TAIKUHJIKANG feat.AYA(ooioo)、ラビラビ、shotaro hirata(moph one) 、Soegi、Bambara boys、ヌチグスイ、他
◎info: http://www.myspace.com/tower_of_the_sun
◎produced by Native Lab.
 
01.09 An Invitation to Delight in the Senses
「五感のおもてなし」


味覚、視覚、嗅覚、触覚、身体感覚、そして、聴覚のアーティストたちによるおもてなしです。「味わうことで身体の中から感覚が研ぎすまされたり、注意深く音に耳を澄ますことでみえてくるイメージがあったり、視線が誘って蒸せるような湿気を感じたり、香りを嗅ぐことで記憶の中の感覚がよみがえったり。。。私たちの感覚は複雑に絡み合いながら繋がっています。新しい年の始まりに、作品たちからのおもてなし。感覚を味わう一日へご招待いたします。」

◎会場:MA2 ギャラリー(恵比寿)
◎開場:12:00-20:00 (極少人数の30分入れ替え制。ご予約が必要です。
◎入場無料
* ギャラリー企画イベントに種子田郷+さとうじゅんこの音の展示で参加。
30分の音の気配でおもてなしをいたしました。
 

活動履歴 || 1999- | 2006- | 2008- | 2010- | 2012- |
| 2014- | 2016- |